サスペンス映画、ブロークンシティのあらすじ

映画「ブロークンシティ」

映画 「ブロークンシティ」

「ブロークンシティ」は、ニューヨークの黒い巨大権力に立ち向かう私立探偵を描くハードなクライムサスペンス映画です。

元刑事の過去を持つ探偵の主人公ビリー役に「テッド」などのコメディ映画から「ディパーテッド」「ゲティ家の身代金」などのシリアスな役柄までオールマイティに演じるマーク・ウォールバーグ、ニューヨーク市長役は「グラディエーター」でアカデミー主演男優賞を受賞したラッセル・クロウが演じます。

他にもキャサリン・ゼタ=ジョーンズやマイケル・ビーチ、ジェフリー・ライトなど大勢の演技派俳優が共演し見ごたえがあります。

七年前、ニューヨーク市警の警察官ビリーは強姦事件との通報を受け、駆けつけた現場で、咄嗟に無抵抗の被疑者に発砲してしまいます。武器を持たない一般市民への警察官による武力行為は世間で話題となり、ビリーは無罪を勝ち取ったものの依願退職という形で警察をやめざるを得ませんでした。

そして現在、ビリーは私立探偵として働いています。

浮気調査に精を出すものの、未払いの客も多く、あまり儲かってはいません。そんなある日、選挙戦を控えている現市長から依頼が舞い込みます。
ビリーは七年前にも市長と面識がありました。この市長が証拠を握りつぶしたおかげでビリーは無罪になれたのです。

市長の依頼は妻の浮気調査でした。市長夫人が浮気をしているらしく、選挙に影響しかねないことだけを懸念していました。


翌日からビリーが市長夫人を尾行し調査すると、夫人の浮気相手は市長選の対立候補陣営のトップのアンドリュースであることが判明します。その情報をビリーが入手した直後、尾行に気づいていた妻は必死にビリーに口止めを依頼します。
ですがビリーは、弱みがあったために浮気相手の情報を市長へ報告します。

そして数日後、アンドリュースは殺人事件の被害者となっていました。
事件を捜査する警察署長はビリーを呼び出し事情を聞き出します。ビリーの調査結果によって、市長の手でアンドリュースが被害に遭った可能性が高いようです。その立証は困難に思われましたが、正義のためにやるべきだと署長はビリーを鼓舞します。


ビリーは、市長の妻の助言を受け、アンドリュースの親友から事件をたどります。

その親友は市長陣営の大企業の息子でした。その企業と市長が組んだ大規模な汚職の証拠を掴んだ息子はアンドリュースへ託していたのです。

しかしその証拠は、市長を支持する刑事に奪われてしまいます。その刑事がアンドリュースを襲った犯人でした。


すべての事情を調べたビリーはその証拠を奪い返し、現市長の悪行を世間に晒すべく行動を始めます。
ビリーの行動に勘付いた市長は、ビリーの弱みである七年前の事件を盾にしました。しかし、ビリーは正義を貫きます。

市長は失脚し逮捕されました。
そしてビリーも七年前の事件の件で逮捕されてしまうのですが、その表情は穏やかでした。