映画「ブロークンシティ」のあらすじを大解説

公然の秘密の証拠をつかめ

公然の秘密の証拠をつかめ

最初はホステラー市長の依頼を、そのまんま受け取って調査していてキャサリンの浮気相手はポール・アンドリュースということを突き止めてホステラー市長に報告して報酬を受け取りますが、ポール・アンドリュースが殺害されたことを受けて、ホステラー市長が求めていたのは浮気相手ではなく妻のキャサリンが自分の悪事を知っているためその情報提供者を突き止めるために、ビリーを雇っていたのです。ビリーは真実を知り怒ります。そして自分がホステラー市長に、ポール・アンドリュースの写真を渡してしまったことを悔いています。

そしてポール・アンドリュースを殺害した事件の背景には、もっと大きな理由があったことが分かりました。美しい街を作るためと市民達に訴えていますが、そのボルトンヴィレッジを美しい街にするつもりなど全くなく、ビル群を建設することで自分と後援者の懐には巨額な利権とお金が転がり込むようになっていたのです。事件の真相をしったビリーの行動はいかに?!

この映画がすごい!
ファミリー型、ワンルーム型、ペットっと共生型、インターネット設備など…ご要望はすべてお知らせください!堺 店舗が全力でサポートいたします!

あらすじ⑤

キャサリンからのポールとの関係は、男と女の関係ではなく親友だったことを知りビリーは秘書ケイティに、ホステラー市長の最大の後援者でもあり支持者でもあるサム・ランカスターの息子、トッド・ランカスターの情報を集めるように指示をだします。なんといっても殺害されたポール・アンドリュースが最後に会う予定だった人物が、トッド・ランカスターだからです。父親は現市長の最大の後援者でもありますが、息子の方はというと父親からすれば敵陣にあたる対立候補の右腕として活躍するポール・アンドリュースと仲が良かったからです。

役者のたまご
成田市・八街市・佐倉市の塗装、リフォームなら酒々井の|株式会社エムズ建装なら色のバランスやアクセント色、随所にラインを入れたり、様々な施工次第では、全く違った外観が新築以上によみがえります。

トッド・ランカスターが明かしたこと

秘書のケイティはビリーにポール・アンドリュースが殺害されていることもあるため、ビリーの身にも何かあるかもしれないから気をつけるようにと注意を促します。ビリーはトッド・ランカスターを見つけだします。そして外においてあったゴミ箱をあさり、ボルトンヴィレッジ取り壊し計画に関する書類を看る気増す。オフィスの中では、取り壊しに関する内容の書類はすべてシュレッダーで細かく刻まれています。ビリーは、ボルトンヴィッジ取り壊し計画書の入ってあった箱を盗み出すのでした。

ところが、ホステラー市長の手下にビリーは追われます。まさに盗み出した箱を奪おうと、追っても必死になってカーチェイスを仕掛けてきます。そしてビリーが乗っていた自動車は破壊されただけではなく、せっかく入手した証拠をダメになってしまいました。そしてビリーは気絶するまで殴られてしまいました。なんとか手元にある資料を持って、かつての上司に手にした書類を見せますが、そんな書類でホステラー市長を追い詰める証拠にはならないと言われます。そしてさらにもっと奥があるはずだ。と言われるのでした。それはみんなも知っているまさに「公然の秘密」だからです。公然の秘密としての証拠を手にしても、もっと深い部分の証拠を手にしなくては、ホステラー市長を追い詰めるものにはならないからです。

ビリーはトッド・ランカスターに会い話を聞きますが、ポール・アンドリュースが殺害された夜、トッド・ランカスターはポールにホステラー市長の悪行の証拠として、ボルトンヴィレッジ取り壊しの契約書のコピーをポール・アンドリュースに手渡すつもりだったのです。現職市長の対立候補として選挙に出馬しているジャック・ヴァリアント氏に市長選でホステラー市長を破ってほしかったからです。

トッド・ランカスタが話をしたのはそれだけではありません。父親のサム・ランカスターが現職市長を支持しても、それはそれで父親は自分の考えでしていることとして、ホステラーの友人マードックがポールの頭部に向けて銃口を向けて発砲して殺害したのも見たことを言います。

マードックの名前と取り壊しのコピーを、トッド・ランカスターから受け取ったビリーは、初めてあった時に信用できない男だと本能で思ったマードックの元へと行きます。そしてついにビリーとホステラー市長は顔を突き合わせて対決することになります。

[an error occurred while processing this directive][an error occurred while processing this directive][an error occurred while processing this directive]