映画「ブロークンシティ」のあらすじを大解説

ブロークンシティのモデルは、ジュリアーニ市長?

ブロークンシティのモデルは、ジュリアーニ市長?

ラッセル・クロウ演じるニコラス・ホステラーはニューヨーク市長です。強力なリーダーシップといえば聞こえがいいですが、悪く言えばワンマンもしくは剛腕。そしてニューヨーク市の再開発に力を注ぎ、治安回復にかなり注力を入れる姿は、かつてのニューヨーク市長のジュリアーニ市長をイメージしたのかしら?!とも思えます。

「ブロークンシティ」では市長の妻が不倫をしていましたが、ジュリアーニ市長も不倫していておまけにその不倫が発覚したのが選挙戦の最中。選挙戦にはかなり知名度の高いヒラリー・クリントンと激しく激戦中の最中に不倫発覚には驚きましたね~ おまけにジュリアーニ市長の時には、貧困層やマイノリティ層を中心としてがんがん検挙していき、検挙率を上げたことも事実で実際に犯罪率もかなり低下させることに成功していますが、ギニア人を誤認逮捕したうえに非武装の状態で4人の警察官から集中的に銃撃を受けて殺害したうえ、その警察官たち全員が無罪になってしまうという事件もあり、かなり大規模な抗議活動が起きました。

この映画がすごい!

アマドゥ・ディアロ事件

4人の警察官から非武装の状態でありながら、41発の銃弾を受けて射殺されたのは23歳ギニア人の移民のアマドゥ・ディアロ氏です。白人の警察官4人から黒人ディアロが撃たれたことから、黒人への人種差別だという点でも論争になりました。

アマドゥ・ディアロ青年は、ニューヨーク市に住んでいてコンピューターサイエンスの学位を取得するために大学に通うために計画をしていましたが、希望していた大学への就学することができずにいました。出身はギニア人ですが政治亡命を申請してアメリカの永住権を得ようと考えながら、昼間は物売りをすることで生活費を捻出して、夜は勉強するという青年でした。

役者のたまご
ディアライフのおまかせ物件探しとはお部屋の希望を伝えておくと、ライフアドバイザーが希望の部屋を探してくれる便利なサービスです。バンコク コンドミニアムお申込みは電話・サイトどちらからも可能です♪

事件の概要

1999年2月4日の早朝のことです。ディアロ氏は食事から戻って自宅近くでたたずんでいました。そこへディアロ氏のたたずむ近くを通りかかった4人の私服の白人警官が、ディアロ氏の容貌をみて指名手配されている連続強姦犯人に良く似ているように見えました。そのためディアロ氏を取り調べようとしました。

そしてここからは白人警官たちの主張になりますが、白人警察官の主張によると「自分達は大きな声で、自分たちが警官であることをアピールした。そして警察官であることをあらかじめいったうえで、身体検査を行うのでディアロ氏に一歩も動かないように命じた。ところが、ディアロ氏は自分達の警告を無視して、ポケットに手を突っ込んだ。」

そして白人警官達は、ディアロが銃を取り出して自分たちを撃とうとしていると判断したため、自分達も即座にディアロ氏に向かって発砲した。ということを主張しています。結果、4人の白人警官達は全部で41発もの弾丸をディアロ氏に向けて撃ち込みます。そのうちの19発がディアロに命中して、ディアロ氏は即死しました。そして、ディアロ氏が絶命した直後に、警官達がディアロ氏のポケットを見てみると、彼のポケットには銃は入っていませんでした。そしてポケットの中には財布しか入っていませんでした。

そして事件の翌月3月25日に、ブロンクス大陪審は4人の白人警官達を第2級殺人と過剰防衛の容疑で起訴します。12月16日にニューヨーク高等裁判所は、ニューヨークでの公正な裁判は不可能だとしてオールバニへ裁判地の変更を命じました。そして年が変わり2000年2月25日に2日間の審理が行われた後、黒人・白人の両方が含まれた陪審員がだした決断は、4人の警官たち全員を無罪とする決定でした。

4人の全員無罪という決定が下されたことで、抗議でもが各地で発生しました。抗議デモの内容は、警察の暴力行為そして人種差別に対することへの抗議です。そしてこの抗議デモは何週間も続いて、そしてこの抗議デモに関連して1700人あまりの逮捕者がでました。この抗議デモに参加したのは一般市民はもちろんのことですが、芸能人や著名人たちもそして聖職者たちもデモに参加して大きな抗議デモとなりました。

このアマドゥ・ディアロ事件では、警察官たちの暴力問題や人種差別問題、そしてなぜあんなに集中銃弾をしたのか。というったことなども大きな話題となり、このような事件が二度とないようにと言われながらも、同じような悲劇が今も繰り返されています。

[an error occurred while processing this directive][an error occurred while processing this directive][an error occurred while processing this directive]